2024年度版クリニック開業の資金調達とスタートアップ戦略!

この動画は、2024年のクリニック開業に向けての資金調達とスタートアップ戦略についてのものです。開業に必要な資金調達の方法や、その過程での戦略的なアプローチについて丁寧に解説しています。

クリニック開業・経営のお悩みを解決するチャンネルです。医療専門家たちが集結し、クリニック経営の成功に必要な情報をお届けします。

▼チャンネル登録をお願いします。クリニックに役立つ情報を発信します!

▼クリニック開業・経営などに関するご質問、動画リクエスト募集中 ※LINE登録
 @786fjzhb
 いただきました内容は今後の動画作成に反映させていただきます
 ※動画ではすべて匿名とさせていただきます、安心してご質問ください

【もくじ】
0:00 オープニング
1:05 さて!!どの程度の資金調達力があるでしょうか?
1:23 自己資金がたっぷりとあるとスムーズですが・・・
1:47 最近の金融機関は審査が厳しくなってきているようです
3:00 まずは、ご自身の取引実績がある銀行にあたるのがいいでしょう
3:20 会計事務所さんの提携先のご紹介
3:45 市町村の保証協会付きがおススメ
3:54 ご自身で保証協会に行って 枠を取ることが良いかと!
4:03 日本政策金融公庫の創業融資
4:18 プロパー融資の交渉が良いかと
4:50 備品、小物、消耗品への経費が結構かかります
5:36 資金計画は余裕をもって
5:45 スタートアップ時の広告予算をしっかりととって下さい
6:16 最後に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■大好評 Dr.古谷が自費診療に関して、Zoom個別相談を承ります。
 ※初回1回限り
 ※ご対応時間60分程度まで
 詳しくはこちらのページからお問い合わせください
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【この動画をご覧の方へのオススメ動画!】

▼100万を超える節税術について!詳しく解説

▼開業医、経費でどこまでOKなのか税理士が詳しく説明!

▼雇用調整助成金は1日1人15,000!?

▼開業資金いくらまで借りれる?

▼保証人なしでも借入できるケースをご紹介

▼コロナ禍の今だから借入可能!?4000万を手に入れる条件

▼借入するならば日本政策金融公庫or福祉医療機構どっちがよい?

▼顧問先の9割が医療関係の税理士と一般の税理士はここが違う!

▼クリニック受付・スタッフの質を爆上げしてくれる専門家

▼クレームゼロにする接遇マナー

【DR.開業コンシェルジュとは?】
~ クリニック の スポットコンサル ~
医療特化の各専門家がスポットでお手伝い

☑融資をスムーズに受けれる方法を教えて!
☑助成金の申請だけ手伝って!
☑集患のアドバイスを第3者的にアドバイスして欲しい!
☑スタッフ間のトラブルを解決して!
☑クリニックの口コミが悪い、実態を調べて!
☑美容の自費診療を手軽なものから入れたい!
その他、スポットでお困りごとの相談を承ります。

▼DR.開業コンシェルジュ オフィシャルサイト

▼チャンネル登録をお願いします

#クリニック経営  #クリニック開業  #自費メニュー

タイトルとURLをコピーしました